2016-09-11

器林 家の食卓

〈昨晩ごはん〉
ゴーヤーちゃんぷるー・一夜干しかぼちゃの煮物
蓮根・牛蒡のカレーきんぴら・茄子と厚揚の肉味噌炒め
昆布とつまみイカの佃煮風・それと炊きたてごはん


先日 ある方に「料理人(元)はどんなご飯を食べているの?」と
質問をいただいたので
恥ずかしいのですがご覧いただきます

我が家の食卓は
基本 旬野菜をメインに大豆製品が多く並びます

嫁さんも働いていますので
常備菜を上手く使って約30分で仕上げます

常備菜の肉味噌を使えば
茄子と厚揚げとピーマンと一緒に炒めるだけ

きんぴらも常備菜でありますので
食べる分だけカレー粉を混ぜて風味を変えて使います

手の込んだ料理は出来ませんが
ご飯だけは炊きたてと決まっております

あとは食材を使い切ること
蓮根や人参など 皮を剥かずに使用できるものはそのままで

野菜は皮部に栄養があるものが多いので
捨ててしまうのは勿体無いです

昆布とつまみイカの佃煮風は
昆布は出しを取った後のものに
残っていたおつまみのイカを加えて佃煮風に
イカの旨みが出て美味しいんですよ

ある作家さんの食卓を囲む機会が何度かあり
お邪魔するたびに
目からウロコの連続で
これまでの自分の食事を考え直すきっかけになりました

特別な食材や調理法でもなく
その時の自分に出来る事
人をもてなす心 自分をもてなす心
素材に感謝をし
余すことなく使い切ること

自分が忘れていた事でした

体の事と自然に感謝して
これからも体に取り入れるモノを考えていきたいと思います