2017-09-03

気に入りの基準

キム ホノ:手付カップ
うつわを生業としているので
他店のうつわを見て回る事も多いのです

その中で

自分が手に取るうつわの基準はいくつかありますが
今回はその一つ

「5年後・10年後・その先の表情が良くなっているか?」


使う前を100%とした時に

5年後に120%・10年後に150%になっているかを考えます

上のカップは使う前は無地のカップだったのですが

長く使う事でこんな雰囲気に変化してきます

中も外も貫入がびっちりです
うつわの経年変化は貫入(表面のヒビに入る色)や雨漏り(内側から漏れてシミになる事)などがありますが これらは長年使わなければ現れない表情です
このカップは取っ手にまで貫入が入り 雨漏りまでしています

使い込む事で愛着が生まれ

長年一緒に過ごす事で 自分らしさも刻まれます

うつわもファッションのジーンズや革ジャンのように

Aging(エイジング)を楽しめるのです

自分が選ばない作品についてあえて説明はしませんが

使い込む程「経年劣化」していくモノとだけ言っておきます

自分の店の内装や什器も経年変化してきたモノばかりです

服も古着が大好きです
人によっては汚らしいと思うかもしれませんが・・・

自分軸の気に入りの基準をしっかりと持たないと

専門家や高名な方の意見に左右され
その挙句 絵画一枚に何十億という金額を払う事になるのです

どうぞ 自分軸の気に入りの基準でうつわをお選び下さい